留学先として選ばれている国について

治安が良く、日本人がたくさん行った実績のある国が多いです。英語をベースにした留学ならイギリスやアメリカがおすすめです。

初めて留学をする人からの質問

学校はどうやって選びますか。

目的や個人の性格によって向いている学校は異なります。コーディネーターに相談しながらじっくりと選びましょう。

滞在先はどんな種類がありますか。

自分でアパートを探すことも可能ですが、ホームステイや学校の寮に入ることも選択できます。

留学中に働くことはできますか。

ワーキングホリデービザなら可能ですが学生ビザの際は注意が必要です。滞在国の制度に注意しましょう。

語学初心者でも大丈夫ですか。

留学プログラムは学生のレベルに合わせて複数用意されているので、初心者向けを選べば問題ありません。

English

アルバイトができる

日本人の留学先として一般的なのは、アメリカ、イギリス、カナダなどの英語圏です。中でも、イギリス留学は特に人気があります。イギリスが人気の理由は、まず歴史ある名門大学が多く、世界的に認められる学歴が得られるからです。また、学士号は最短で3年、修士号は最短1年で取得できるなど、ほかの国と比べて効率的に取得できるシステムです。留学生向けの奨学金や助成金もあり、条件が合えば受給できます。そして、イギリスでは留学生が週20時間までアルバイトをすることが認められているため、生活費の足しにすることが可能です。アルバイトを卒業後の就職の足掛かりにできるなど、留学生をサポートする環境が整っているのも人気の理由でしょう。

日本人が少ない

イギリス留学の特徴は、アメリカと比べて日本人留学生の数が少なく勉強に打ち込める環境が整っていることです。日本人が多いと、どうしても日本人同士でつるんでしまい、日本のような感覚になってしまいがちです。日本人の少ない環境では現地の人とコミュニケーションをとったり、他の国の留学生と友達になるなど、国際的な視野も広がります。イギリスの文化により深く触れることができ、勉強だけでなく他のさまざまなことをより多く吸収できるでしょう。

公的な健康保険が使える

イギリスでは、6か月以上滞在する留学生には健康保険が適用されるため、万が一病気になっても安心です。アメリカへの留学は、自分で海外旅行保険に加入しなければなりませんが、イギリス留学の場合は公的な健康保険が利用できるため、保険に加入する必要はありません。また、医療費も無料となります。物価は先進国の中でも高い部類に入りますが、その分留学生にも手厚い公的支援を施してくれるので、留学しやすい国といえるでしょう。

広告募集中